お役立ち情報

座りすぎは寿命を縮めるって具体的な数字は?スタンディングディスクのおすすめは?

座りすぎは寿命を縮めるそうです。「座りすぎ」の健康リスクが日本で指摘され初めていますよね。
仕事時間が短くなるようになってきたとはいえ、座りぱなしの人も多いですし、その中でどう動く時間を確保するかは、
座って仕事をする人にとっての課題ですよね。スタンディングディスクを導入し始めた企業もあるようです。
どのくらい寿命を縮めるのか調べてみました。

座ってるだけで寿命縮めちゃうなんて・・・
Sponsored Links




座りすぎは寿命を縮めるって本当?

でも、座りすぎは寿命を縮めるっていうのは本当なのでしょうか?

事実を確かめるため、文献などを探してみました!
イギリスが2011年に座りすぎのガイドライン(英国身体活動指針)を作成しています。
その指針によると、継続して「就業時間中に少なくとも2時間、理想は4時間座っている時間を減らして立ったり、
歩いたりする低強度の活動であるべきである」と勧告しています。

研究が進むにつれて、座りすぎは肥満や糖尿病に限らず、高血圧症や心筋梗塞、脳梗塞、がんなどの病気も誘発し、
死亡リスクを上げることが明らかになってきました。
スタンディングディスクを使うだけでも、低強度の活動につながり、病気のリスクを下げることができるということ
につながるというになりますね。

座りすぎの害!具体的な数字は?

では、座りすぎが死亡リスクを高めるということですが、数字ではどのくらいの数時が出ているのでしょうか?
オーストラリアの研究機関が座位時間と総死亡リスクについて調査した数字を見てみると、
1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増加、
11時間以上だと40%増加とういことがわかりました。
思った以上に高い数字ですよね。

このパーセンテージは、WHOが推奨する1日30分以上のウォーキングやランニングなどの運動を
週5日実施しても相殺できないそうです。
思った以上に、リスクの蓄積は高いということになると思います。

まして、日本人成人の平日の座っている時間は世界一長いそうです。
世界20カ国の平均が5時間なのに対し、日本人は7時間です1日2時間も多いということになります。
これは、シドニー大学の研究者たちが世界20カ国の成人に調査した結果です。

数字で見てみてみると、怖い数字だと思いました。
座っているということは、どんどんリスクを積んでいっていることになってしまいます。
そして、それを消化するためのにする運動は、ちょっとやったくらいでは解消できないということになっているのです。

スタンディングディスクのおすすめは?

世界的な企業でスタンでぃんすディスク導入が進んでいるようです。
おすすめをチョイスしてみました。
https://item.rakuten.co.jp/tansu/45400001/

https://item.rakuten.co.jp/tansu/56800003/

たってするのもいいね
Sponsored Links




座りすぎに関するネットの反応

座りすぎだと老化が進化しちゃうよ~
座りすぎだと深刻な健康被害にあっちゃうの!?
自宅でインターネットで仕事をしている人は特に注意が必要だよ!
がんの場合は、座りすぎによってリスクが上がってしまうそうだなんて・・・
座りすぎで腰と足がやばいよ。エコノミー症候群になりそう。
座りすぎなのかお尻が痛いよ~
私、絶対腰が歪んでいるよ・・・座りすぎなんだよね。
眼精疲労と座りすぎの腰痛は自己責任としてもつらいよ
机の上に小さなテーブルのせて、たったままパソコン使うことにしたよ。
毎日座りすぎ太りすぎでたまに歩くと膝にきちゃうよ。

出典:https://goo.gl/37e9bD

まとめ

30分から1時間に1回程は歩くとよいそうです。体に悪いよというだけでは、出来そうにないですねけど、
座りすぎは寿命を縮めると聞くと、少し歩いたほうがいいなと思うことができると思います。
スタンディングディスクを導入するだけで、健康で快適な職場環境につながるとしたらいいですよね。

健康で長生きの方がいいよね
■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 高プロとは簡単に言うと?対象者を具体的にあげてみた

  2. アイフォンが充電出来ない8つの原因!裏ワザはある?

  3. サッカー習うとお金がかかる?具体的な数字を紹介!

  4. チョコレートの違いまとめ!生・準・ミルク・ビターって?

  5. フランス落としとは?なぜこんな名前でどんな仕組みか調べてみた

  6. 陽葵の読み方一覧!ひなたやひまりが人気!画数の意味を調べてみたよ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP