お役立ち情報

滝行をする意味とは?6つの効果と体験者の感想まとめ

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

滝行をする意味とは?テレビ番組のマツコ会議で2019年3月16日に取り上げられた滝行。
滝行が最近流行っているとあったのですが「本当かいな」と思って調べてみたら
本当に体験が出来たりして、アクセスもあるサイトがありました。ブームまでは行きませんが
本当のようです。

筆者も子供のころふざけて田舎の滝でやったことがありますが、実際古くからある滝行は
それにどんな意味があるのでしょうか?
6つの効果とともに紹介していきます。

滝行をする意味とは?

滝行とは、想像できるように滝にうたれる修行です。
wikipediaには「 垢離の一種で、水行と呼ばれることもある。」とあります。
垢離とは「こり」と読み、神仏に祈願する時に、水を浴びて体のけがれを去ることであります。
恐らく心のけがれのことも言っていると思います。

つまり昔からある滝行を行う意味というのは次のことにまとめられます。

1、身体の穢れをとる
2、心の穢れをとる
3、身体を冷やすために行う場合も
4、自然と一体化する意味
5、激しさの中で自我を忘れる
6、本格的な修行に入る前に古来から行われてきたことなので、何か決断をする前の儀式ともいえる

となります。
滝にも激しいものからゆるいものはありますが、基本的には激しいものを想定しています。

また現代的な言葉で言えば、穢れをとるの中に「マイナスイオン効果」は含まれます。

滝行の6つの効果とは

滝行をして得られる効果は主に6つあると言えるでしょう。

ちなみに、滝つぼにハマると戻ってこれなくなり死に至りますので、滝行は場所を選んでやりましょうということは先に言っておきます。

滝行の効果

1、雑念・邪念が消える
2、達成感を得る
3、自分の小ささを知る
4、身体を冷やす
5、非日常体験となる
6、苦しさに対する感覚が変わる

滝行で、滝の中にはいると水の音で非常にうるさいです。
しかし、それは都会でのせわしいうるささと違う次元のうるささです。
もう何も聞こえず、自分の頭の中の声さえも聞こえなくなります。
それによって、雑念・邪念が浮かび上がる隙もなくなります。

滝行は主に10分くらいのものですが、終わると静寂が訪れます。
先ほどの耳元でうなる水の音とは違い、自然の静寂に包まれ、それが達成感となり
自然に対する畏怖、大きくなった自我が消えていきます。
そんな非日常的な体験をすることで、達成感を得て、自然の中の苦しみから解放されたことで
頭がクリアになります。

実際体験した身として、一番痛感したのは滝行中の水のうるささでしょう。
それはイライラするうるささではないんですね。それによって、心の声が消えること。
そこに大きな意味があるような気がしました。

滝行のやり方

滝行のやり方は決まっています。
これは「滝行体験」などに行くとこのように案内されますのでそれに従ってください。

1、着替える。服は行衣という白装束がよく使われる。
2、滝に向かって礼をする。
3、気合を入れて、真言や経、祝詞を唱える。宗派によるが九字を切る。
4、滝の前に進み、身を水にいれる。
5、滝つぼに入って気合を入れ滝にうたれる。
6、段々と水のうるささや、水の冷たさ、痛さに慣れてきてマインドフルネスな状態になる
7、10分程で滝から出て体を拭いて、身を暖めて終わり

このような過程となります。
思わずマインドフルネスという言葉を使ってしまいましたが、こういった激しめのやり方の方が
マインドフルネスにかえってなりやすいかもしれません。

マインドフルネスは人に教えると「良く分からない」という言葉が返ってくることが多いので
こういった荒業はいいかもしれません。

滝行体験者の感想まとめ

滝行初めてやりました。だいたいが想像していた通りだったけど、想定外だったのは思ったより滝の音が大きかったこと。
滝行は終わった後のすがすがしさがたまらないよね
関東にもけっこう滝行できるところあるね
滝行に夏に行くのが恒例です。最初はすずまるのが目的でしたが、あの終わった後の爽快感に病みつきになりました
滝行してかなり体が痛くなりました。
滝行1回やったけど、リピートはないかな。
滝行やったけど思った以上に身体が痛かった。すぐ慣れるけど
出典:twitter

まとめ

滝行はさすがに私も冬に行ったことはないですが、凄い人は冬にも行くようですね…。冬に行ってこそ本物ですよね。
夏はやはり涼むことを目的にする人もいますが、実際に少し流行っていて、修行とか精神の安定のために行く人は増えているようです。

あの滝のうるささの中で、余計な雑念・邪念が消えていくというか、沸き上がる余裕がない感じが
個人的にはいいと思います。

是非、1度は体験してみてください。

関連記事

  1. 豊洲市場はいつから何時にオープン?行く前にマップや飲食店情報を調べてみ…

  2. ステンドグラスクッキーは本当に美味しいのか?通販で試すのはどこがいい?…

  3. 卵は洗ってはいけない?洗うのはおかしい?ネットで議論に!

  4. 野球観戦でいい席とは?初心者おすすめのベストな位置をランキングでシェア…

  5. ラインペイとペイペイ比較!使える店やお得さどっちがいい?

  6. 年賀状作成アプリのおすすめ決定版!まとめのまとめをしてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP