NPB

ホークス日本一の回数は?セールでiPhoneは安くなる?

史上初の広島カープvsソフトバンクホークスの戦いとなったプロ野球日本シリーズは11月1日で5戦目。ここまで2勝1敗1分けでホークスが一歩リードしています。セリーグ王者の面子にかけてカープも巻き返しを期すでしょう。
ところで、今回もしホークスが日本一になると、回数は何回目になるのでしょうか。また優勝セールはあるのでしょうか。

本物の鯉と鷹って、戦うことあるのかな…
Sponsored Links




ホークス日本一の回数は?

ホークスは、元をたどると1938年に創設された「南海軍」という職業野球チームが母体となっている古い球団です。戦時中の混乱やチーム名変遷を経て、1947年に「南海ホークス」に改称。49年のセ・パ2リーグ分立以来パリーグに所属しています。

南海時代は南海電鉄が親会社で関西が本拠地でしたが、1989年、球団は「ホークス」の名前を残すことなどを条件に小売業大手のダイエーに身売り。九州での商圏拡大をにらむダイエーの戦略の下、チームは福岡市に本拠地を移転しました。

そして2004年、経営難に陥ったダイエーに代わって、携帯電話などのIT大手・ソフトバンクが親会社となりました。現在の正式名称は「福岡ソフトバンクホークス」です。

ホークスはプロ野球界の老舗ですので、リーグ優勝回数もかなりの数に上ります。1950-60年代には、強打の野村克也捕手やスタンカ投手らを擁し、2度の3連覇を果たすなど黄金期に。ダイエー時代の2000年前後にも王貞治監督の下、小久保裕紀、松中信彦選手らの「ダイハード打線」で優勝を重ね、ソフトバンクの現在も秋山・工藤監督と引き継いだこの10年で5回の優勝を数えています。

パリーグ優勝回数は計20回。日本一の回数は南海時代が2回、ダイエー2回、ソフトバンク4回の計8回です。

ダイエー時代から、福岡など九州の地元では優勝のたびにスーパーのダイエー店舗などで「優勝セール」が実施されるようになり、ソフトバンク時代の現在も続いています。

ホークス日本一ならiPhoneは安くなる?

ではホークスが今回の日本シリーズで、回数にして9回目の日本一になった場合、どんな優勝セールがありそうなのでしょうか。

ホークスは2年連続日本一となりますので、恐らく昨年と同じような内容が予想されます。昨年はソフトバンクグループ各社で次のような期間限定セールが実施されました。(以下は昨年の例。今回の具体的内容は未定です)

<昨年の日本一セールの例>

【ソフトバンク】
期間中専用サイトから応募すると、旅行、グルメなど各1名に100万円分の商品券が当たるキャンペーンを実施。応募者のうち100人に1万円分の商品券や選手サイン入りグッズが当たるチャンスも。携帯のソフトバンクユーザー以外でも応募可能。

【ヤフー】
Yahoo!プレミアム会員限定で、日本一決定後3時間だけポイントが11倍になるキャンペーンを実施。

【ソフトバンク コマース&サービス】
人気の500円以上のスマートフォンアクセサリーを、最大95%引きの特別価格で販売。

このほか昨年は、全国のスマートフォンなどの“ソフトバンク”取扱店と“ワイモバイル”取扱店でも優勝セールを開催。今回も実施されれば、店舗によってはiPhoneなどが通常より多めの割引になる可能性もあるかもしれません。(ただしセール内容は店舗によって異なり、実施しない店舗もあったそうです)

このほか、地元福岡の博多阪急、岩田屋、大丸福岡天神店、井筒屋、ビックカメラ、イオンモール各店などの「オフィシャルスポンサー」でもセールが行われるのが通例となっています。

Sponsored Links




ホークス日本一なるか?ネットの反応

ホークスが日本シリーズを制して平成最後の日本一に輝きますように
ホークス勝ったばーい!!あと2勝!
次ホークス勝ったらもう日本一決まりだね
一昔前ならホークスが日本一になったら、ダイエー行けばなんかあるかもって恩恵あったけど、今ソフトバンクだからなあ…
流れをホークス側に持っていけてるのはいいこと‼️
ホークス連勝でひとつリード 福岡に戻りデスパイネ本来のDHに就き打線が復調しました
今回の日本シリーズは第8戦まで行って最終戦の8回、9回まで行方がわからないような超熱戦を期待したい
カープが勝った方が世の中は盛り上がるんやけど…ホークスはしょっちゅう日本一になってるしね
これ内弁慶シリーズになりそう ただその場合、日本一は広島ってことになるが
日本一強い軍団はホークスかもやけど 、日本一日本一になりたいチームはカープや!

出典:twitter

まとめ

初顔合わせのカープ対ホークスですが、実は昔から「絆」があるようです。ホークスは南海時代末期にチーム成績が低迷。福岡に移り心機一転をはかったダイエーは、世界の王貞治氏を監督に招聘します。

王監督は「パワーで打ち勝つ野球」を掲げつつ、巨人時代からその強さに一目置いていた広島の「機動性」「守備力」を生かした隙のない野球を目指し、カープOBの寺岡、達川、高橋コーチらを首脳陣に招き入れました。

もともと、広島カープを球団創設初のAクラスまで導き、かつての黄金期「赤ヘル軍団」の礎を築いたとされるのは故・根本陸夫監督。根本氏はのちに西武やダイエーでも監督やGM的な役割で奔走し、どの球団をも後々の「常勝軍団」に育て上げた名伯楽でした。

今、がっぷり四つに組むカープやホークスの強さが、互いに何となく似ているように感じられるのも、何かの因縁なのでしょうか。

今年の日本シリーズ、ファンじゃなくても中々見応えあるなぁ!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 菅野智之のメジャー評価まとめ!なぜまだ行かないのか?

  2. ドラフト会議2018の中継放送を秋田でみる方法!金足の吉田の指名の瞬間…

  3. 巨人監督の後任予想まとめ!原監督以外もあり得る?

  4. クライマックスステージ(CS)いらない!?ルール・アドバンテージに議論…

  5. 広島カープの優勝セールは関東で恩恵あるか調べてみた!

  6. 上原浩治2018成績低迷ついに登録抹消!メジャーとどこが違う?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP