フィギュアスケート

トルソワの海外の反応・評価「明らかな奇跡!」「地球上で最もクール!」

女子初となる4回転ルッツに、ジュニアで成功するなど期待の大きいトルソワ(ロシア)への海外の反応とその評価をまとめました。

Sponsored Links




トルソワの海外の反応

ジュニアグランプリファイナル2018女子、SP2位につけている本命トルソワがFSでどのような大技を見せるか、逆転の優勝なるかに注目が集まっています。

FSに向けての曲をかけた公式練習で、最も基礎点の高い4回転ルッツ―3回転トーループ、4回転ルッツ、
4回転トーループと2種3本の4回転ジャンプを成功させるなど、調子の良さを見せています。

あなたがサーシャの他のクワッドがないことがなぜかと思っているとしたら、彼女は先週風邪をひいて、ほんの数日前まで38度の熱でベッドに横たわっていたんですよ。 彼女はその病気の後、完全に回復する時間がありませんでした – 彼女はまだ鼻づまりのようないくつかの症状を持っています。それで、サーシャがとてもきれいなスケートをして、この状態で完全に回転した4Lzを演じたことは賞賛に値する。
うまくいけば、我々はグランプリファイナルで最高のサーシャが見れるでしょう。 幸運を!アレクサンドラ!
ありがとう、サーシャ、あなたの才能のために、あなたのものすごいワークのために、あなたは素晴らしいフィギュアスケーターです、私はあなたの同輩の多くが人生を成功に導く方法をあなたに倣うことを確信しています。神様、祝福を!
まあ。先週の高熱の後にクワッドルッツを成功させた。ただ素晴らしい。 1人の人間の中に非常に多くの機能と信じられないほどの才能がある。ただ健康でね、親愛なるサーシャ❤️みんながあなたを賞賛しています
私は風邪の症状で普通なら歩くこともできないのに、彼女は4ルッツを飛んだ。
国際競争で初の4lzのおめでとう!
私はいまでもプログラムの流れに感銘を受けています。サーシャ・トルソワはテクニカルの内容を統合し、コンポーネントは本当に面白いものでした。このおとぎ話はますますよくなっている。デリケートで、かつ爆発的だ。あなたを愛しています!サーシャ!
サシャはめったに互換性のないものを組み合わせています。すなわち、女性的でとても強く、とても才能があり、とても控えめなものです。彼女は世界中の女子シングルスケートのアイデアを吹き飛ばした!!スポーツライディングと音楽の調和のとれた融合/そのような希少性/完璧で優れたパフォーマンス!ブラボー・サーシャ、ブラボー・コーチ、振付師、そしてチーム全体のエテリ・トゥトベリゼー。
この少女は奇跡です!明らかな奇跡!
アルメニアは彼女を崇拝します。聴衆の中に彼女のお母さんとおばあちゃんを見るのは素晴らしいことでした。彼女は完璧だった!アルメニアは、ロシアのフィギュアスケート選手、特にアレクサンドラが大好きです。彼女は他の誰をも抑えてトップに立った。
正直言って、シニア男子さえも彼女が自分たちと競争していないことを感謝すべきです。
地球上で最もクールな女の子!私は大好きです
サーシャは特別な何かだ !!! 未来からのお客さんだ。

出典:youtube

英語の外、ロシア語のコメントが多く、ロシアで大きく期待されていることが分かります。もしかすると、サギトワのとき以上かもしれません。
彼女は、体調が悪く、練習不足でも、ものともしないようです。

Sponsored Links




トルソワの凄さとは

トルソワはジュニアGPシリーズ第7戦アルメニア大会(10月)で、国際スケート連盟(ISU)公認大会での女子初となる4回転ルッツに成功し、ジュニアで最も注目されている選手です。

これまでの成績は、
2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。
2017年ジュニアグランプリファイナル優勝です(Wikipedia参照)

トルソワの高得点の記録を見ると、以下となっています。
女子シングルジュニアクラスショートプログラム世界最高得点(73.25) – 2017/2018 ISUジュニアグランプリファイナル(2018年にアリョーナ・コストルナヤが更新)
女子シングルジュニアクラスフリースケーティング世界最高得点(153.49) – 2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権
女子シングルジュニアクラストータルスコア世界最高得点(225.52) – 2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権

2017年圧倒的な強さをみせた、サギトワとの比較では、ジュニアグランプリファイナル2017年で、SP1位FS2位で総合点205.61で優勝しており、
サギトワの2,016年SP1位FS1位で総合点207.43での優勝に匹敵する点を出しています。

今回のGPファイナルで優勝した紀平梨花と比較しますと、今年3月に行われた2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権では、
紀平梨花がそれぞれ、SP4位、FS9位で総合点175.25の8位であったのに対し、
トルソワはショートプログラム、フリーとも1位で、総合点225.52で優勝と圧倒的な差がついていました。

シニアで難度の技を次々と決めて目覚ましい活躍を見せる紀平梨花と比較してもその凄さは測り知れません。

まとめ

トルソワの海外の反応とその凄さを見てきました。

男子並みの難度の技を持っているということで、シニアに上がってくると、
紀平梨花やサギトワの強力なライバルとなる可能性が高いと思われます。

さてトルソワの進歩は紀平梨花の急速な成長スピードを上回るのでしょうか?注目です。

Sponsored Links




関連記事

  1. フランス杯女子フィギュア2018のライストをスマホで見る方法を調べてみ…

  2. フィギュアグランプリシリーズファイナルへの出場条件を分かりやすくまとめ…

  3. ザギトワと紀平梨花はどっちが強い?「世界最高点はザギトワ、GP最高点は…

  4. コストルナヤの海外の反応!「五輪も優勝だ!」「歴史を作っている!」

  5. 紀平梨花全日本選手権の動画!うさぎシャワーが起こる?

  6. ドミトリエフの4Aクワッドアクセル動画とプロフまとめ!プルシェンコも絶…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP