お役立ち情報

社会的時差ボケとはどういう意味?寝だめの事例や影響を紹介

朝、目覚ましをかけず、自然と目が覚めたらどんなに爽快な一日が送れることかと思います。
早寝早起き、規則正しい生活するのがいいのは分かっているけど、出来ないものです。
現実は目覚ましによって目をさまし、1日を始めることになってしまいます。
寒くなると、『社会的時差ボケ』を悪化させるそうです。社会的時差ボケとはどんな意味があるのでしょうか?

旅行の時にならう時差ボケと似ているのかな?
Sponsored Links




社会的時差ボケとはどういう意味?

社会的時差ボケとは、人が持っているといわれている体内時計が、起床・就寝の時間が後ろにずれている夜型の人は、
会社や学校の始業・終業のリズムに体がついていけず、集中力が低下したり、昼間眠気に襲われたりすることがあります。
海外旅行の後に生じる『時差ぼけ』に似たこんな状態は『社会的時差ボケ』と呼ばれています。
週末の夜更かし等により、体内時計がくるい週明けに時差ぼけと同じ症状がでるようなことをいいます。
10年前にドイツの研究者によって名づけられました。

社会的時差ボケの事例

週休2日(土・日)で働いている人の場合でみてみましょう。
平日は午後11時に寝て、午前5時に起きる人がいるとします。就寝と起床の中間時刻は午前2時になります。
金曜日・土曜日の夜、夜更かししていて、午前1時に寝たとすると、午前10時に起きたとします。
中間時刻は、5時半となります。平日と休日の中間時刻の差は、3時間30分この差が社会的時差ボケです
そして、午後3時から午後5時までお昼寝をすると、ますます社会的時差ボケを助長してしまうのです。

平日の寝不足の解消にはならないんだね

社会的時差ボケの影響と対策

社会的時差ボケの影響と対策です。
習慣化する際には、ゆっくり時間をかけて変更していくのがよいでしょう。

早寝・早起きを習慣化することです。
週末の起床時間が平日より3時間以上遅くなると影響がでやすくなるため、3時間以内におさえることがよいでしょう。

夜遅い時間に食事をしないことです。
寝る3時間前までに晩御飯をすませましょう。

ブルーライトなどの光の体内時計を調整しましょう
就寝30分前はスマホなど見ないで、目や頭の休養を取ります。

適度な運動をしましょう。
1日30分のウォーキングなどよいでしょう。

入浴で深部体温をあげましょう
就寝の1時間前くらいにぬるめの湯船に10~15分つかりましょう。

Sponsored Links




社会的時差ボケに関するネットの反応

本人がベストな状態を試行錯誤しながら探すのがいいかもしれないね。
自分の人生をよりよくするために早寝早起きに切り替えていないといけないとは思うね。
休みの日くらいゆっくり寝るのもいいんじゃないかな。
週末は寝だめというよりも起きだめといったほうがいいかもしれないね。
朝ちゃんと起きて昼寝をするようにしているよ。
寝ようにも年を重ねるといつでも同じ時間に目をさますようになってしまうね。
1日が26時間くらいになるとちょうどいいリズムになるんだけどね。
健康になるには働かないのが1番かもね。
週末に時間をきにせずに休めるのが一番の幸せな時間なんだよね。
まずは、労働環境を改善してもらえるよいいんだけどね。
出典:https://goo.gl/HK6j4o

まとめ

自分の努力だけでは毎日、規則正しい生活をすることは難しいこともあると思います。
また、それがストレスになってしまっては、よくないので、自分にあう方法をとるのがいいと思いますが、
社会的時差ボケの意味を知って、リスクがあることも知って少しずつでも、少なくできるといいと思います。

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 消費税10%に対策出来ることは?庶民が注意する3つのこと!

  2. 岡崎神社の初詣の混雑具合は?所要時間どれくらいかかりそう?ツイッターで…

  3. 秋インフルエンザとは?症状に違いはあるの?「冬だけというのは昔の常識!…

  4. ペイペイをさいたまで使えるお店!裏技は?テクニックをシェア!

  5. コーヒーナップは効果ない?ある?最近取り入れる人が急増しているらしい!…

  6. 年越し蕎麦でアレルギーの人でも食べれるものを調べてみた!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP