エンタメ

柿の木問答とは?九州から東北で実際あったって本当?この世界の片隅にで話題に

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

柿の木問答って聞いたことがありますか?

私は初めて聞いた言葉です。

実は、「この世界の片隅に」というドラマから話題になっているのです。

柿の木問答は、九州や東北などであったと噂も。
一体どんな意味のものなのでしょうか?

柿の木問答とは?九州~東北であったの?

柿の木問答は、昔の時代に、新婚初夜の作法としてあったものだそうです。九州から東北に至る広い地域であったそうなんです。

そもそもは「床入り問答」というらしく下記のやりとりが作法となります。

婿「傘を一本持ってきた?」
嫁「はい。新な(にいな)のを1本持ってきました」
婿「さしてもいいかいの?」
嫁「はい。どうぞ」

傘が出てくるので「傘問答」とも言われます。

床入り問答にはいろんなバリエーションがあるようで、その中でも有名なのが、
柿の木問答だそうですよ。

婿「貴方の家には柿の木がありますか?」
嫁「あります」
婿「柿はよくなりますか?」
嫁「なります」
婿「これから登って取って食べてもいいですか?」
嫁「どうぞ食べてください」

傘問答は広島の一部地域で行われていたようです。

他にも、「便所問答」が秋田県で、「栗の木問答」は宮城県など東北地方の一部地域でもあったようです。
長野では「馬問答」とか・・・。

はじめて聞いたあ!
面白いですね!!

この世界の片隅にで話題に

「この世界の片隅に」という原作漫画があるのですが、映画化にもなっています。
YouTubeに動画ありました。

そして、現在TBS系の日曜劇場にて「この世界の片隅に」ドラマが放送されています。
公式Twitter

内容は、太平洋戦争中の1943(昭和18)年、広島に住んでいる18歳の主人公すずが、戦時中のさなかに嫁いで、苦労しながらも豊かな気持ちでいきていくお話です。

その中で、すずのお婆さんが、結婚初夜の作法をすずに教えているようなんです。

昔からの、しかも一部地域での作法って他にも色々ありそうですね。

ネットの反応

観ててほっこりするよね、もう初々し過ぎて吐きそう周作!!傘を持ってきましたかの柿の木問答も本当は違うんだけどね、うんすずも可愛いよね二人ともよいな〜 そして私はすずの妹さんも好き!!
こういう古風なことするの多すぎないかギルベルト…..?? 小石に松の葉とか別れ際の花とか…..。 さてはお前柿の木問答するやつだな…..???
柿の木問答という単語が頭から離れない。映画館でもう一度この世界の片隅にをみたいな。
柿の木問答とか好きなんですねぇ、わたしは。はい。日本のこういうところが好きなんじゃあ。
あっ杉元とリパサンが柿を一緒に食べようって約束してたのって柿の木問答か…新婚夫婦が初夜にする会話か…この世界の片隅にで見たやつだ
ドラマでも映画でも原作読んでも意味がわからんかった。なるほー!!こりゃ時代背景わからんと理解できんね。歴史物はほんとそう💦
この世界の片隅に、の一話をやっと観たけど、傘問答や柿の木問答っていうのか、初めて知った。
この世界の片隅に、見たけど 「傘を1本持ってきたか?」 とかいう柿の木問答とか、 「月が綺麗ですね」とかいうの趣深くて大好き👘
初夜の柿の木問答というやつを今ごろ知った……意味も。
映画版3回くらい見てるのに、何故かそこの部分の記憶がまったく残ってなかった。己の記憶力のなさに改めて戦慄するわ( ꒪﹃꒪

出典:twitter

まとめ

柿の木問答とは何なのかを調べてみましたが、いかがでしたでしょうか?
昔からの言い伝えや作法など、現代では考えられないようなものもありますが、とても面白いなあと思いました。
しかも九州から東北の広い地域であったってすごいですよね。

こういう歴史を経て今があるのですね!

う~~む。偏見なしに歴史として面白い!

■関連記事

関連記事

  1. 欅坂46の紅白歌合戦出演時間は何時何分?今年はアンビバレントを披露か

  2. FEVER333の読み方は?動画集でグラミー賞ノミネのパフォーマンスが…

  3. TWICEダヒョンの慰安婦Tシャツデザインと英語の意味は?反日は誤解で…

  4. 米津玄師の紅白出場時間は何時何分?急に出ることになった理由は?

  5. まんぷくの台湾人ルーツ論争が無意味な理由とは?

  6. 紅白歌合戦の審査方法は炎上後どうなった?視聴者投票のやり方も分かりやす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP