陸上

東洋大学が青山学院大学を倒す可能性は?強み・タイムをあげてみた

平成最後の第95回大学箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)がもう間もなくとなりました。大会5連覇を目指す「絶対王者」青山学院大学ですが、その阻止にひときわ燃えているのが東洋大学。東洋大学は前回94回大会では往路優勝を果たし、あと一歩まで青山学院大学に迫りました。今回はリベンジなるのか。東洋大学の強みとは?「ストップ青学」の可能性とともに探りました。

原監督「95回目に山の5区で勝って5連覇。名付けてゴーゴー大作戦」って…余裕…
Sponsored Links




東洋大学が青山学院大学を倒す可能性はある?

勝てば、長い箱根駅伝の歴史で歴代2位タイとなる5連覇の青山学院大学。それを阻止する可能性のあるライバルとして、ファンや関係者の多くが名を挙げるのが東洋大学です。

その理由は東洋大学が「箱根駅伝に特に強みがある」ことです。最近10シーズンでみると、大学3大駅伝である出雲駅伝と全日本大学駅伝を制したのはそれぞれ1回ずつですが、箱根は2009年の初制覇など優勝4回。2位は5回、3位も1回とほぼ毎回のように優勝争いする表彰台の常連です。

前回は1、2年生が7人も起用されるフレッシュな顔ぶれで臨みながらも、青山学院大学に競り勝って往路を制覇。復路で逆転されましたが総合2位に食い込みました。このようになぜか「箱根で強みを発揮する」チームです。

前回の箱根では1区の西川和弥、3区の山本修二、10区の小笹椋各選手が区間賞を獲得。今回のエントリーメンバーにもこの3人や前回出場の多くの選手が残っており、酒井監督も「歯車が合えば結果は出る」と期待します。

東洋大学と青山学院大学の持ちタイムを比較

東洋大学は王者・青山学院大学を箱根で倒す可能性はあるのか。現在の持ちタイムを比較し、東洋大学の強みや戦力を分析してみましょう。

チーム内の10000mの自己ベスト記録上位10人の平均値で比較すると、最新タイムでは青山学院大学が28分43秒93。東洋大学は28分59秒06とその差は15秒ほどです。今年4月からの変化をみてみると、青山学院大学は19秒65、東洋大学は11秒67と両校とも順調にタイムを縮めていますが、青山学院大学の方が上回っています。

ただ区間で競い合った時に力を発揮する選手が多いのが、東洋大学の強みの一つ。結果的には青学に敗れたとはいえ、今年の出雲駅伝では今西駿介、川洋次両選手が、全日本駅伝では箱根に近い長い約20kmの8区で相澤晃選手が区間賞を獲得しています。これらの選手も箱根にエントリーしており、どの選手をどの区間で起用するかが勝敗の鍵を握りそうです。

気がかりは、負傷で主力2人を欠いたとはいえ、東洋大学は11月の全日本駅伝で東海大にも敗れ3位に沈んだこと。1位の青山学院大学とは2分近く離されました。

特にこれまで安定したスピードを誇ってきた2年生エースの西山選手が、出雲では区間6位、全日本では14位とまさかの不振で、チームの足を引っ張る結果に。前回の箱根で区間賞、今年の日本選手権10000m学生最上位の4位に入るなど、爆発力のある西山選手だけに、その完全復活が箱根の総合優勝奪還には不可欠だといえそうです。

Sponsored Links




東洋大の可能性についてネットの反応

東洋大学を応援します!!!青学連覇は飽きたのでそろそろまたてっぺんに返り咲いてください
順位予想 一位 青山学院大学 二位 東海大学 三位 東洋大学
青学大の三冠を阻止するチームは東洋大か東海大の二強やで
青学5連覇を阻止するのが鉄紺の東洋大学1番手です。注目ランナーは西山くん。エース級の復活なるか
箱根では鉄紺のエースの走りを見たい
STOP the AOGAKUは、東洋大学しかあるまいて!
1区か2区か3区かはたまた5区か、起用区間に注目。西山、相澤が台頭しても、エースは山本なのだ
前半型か後半型か、酒井監督なら前半型でくるとは思うけど・・
東海大でも、東洋大でも、どこか早く青山を破る大学が出てこないと、箱根駅伝そのものがつまらなくなってくる
また今年も職場で箱根観戦だ。東洋大学の旗でも振ろうかね

出典:twitter

まとめ

持ちタイムでは青学にリードを許している東洋大ですが、前回の箱根のように1区から主導権を握り、常に先手先手でリードを広げることができれば、百戦錬磨の青学大といえども焦りやミスが生じないとも限りません。

箱根は各区間約20kmの長丁場でもあり、一つのアクシデントでも直ちに順位逆転に結びつきます。東洋大はチームスローガンの「怯まず前へ、その1秒をけずりだせ」の精神で、ここ4年間明け渡している箱根での主役の座を青学から奪い返せるでしょうか。

レースは何が起こるか分からない!気張れ東洋!

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 箱根駅伝2019で青学はなぜ負けた?4つの理由と反応まとめ

  2. 箱根駅伝復路で大逆転は最大何分差で可能?過去のタイムを調べてみた!

  3. 箱根駅伝2019予想メタランキング!青学に勝てるところはどこ?

  4. 大迫傑のマラソン練習が半端ない!トレーニングシューズも調べてみた

  5. 箱根駅伝2019をスマホで見る方法は?動画配信があるかもチェック!

  6. 箱根駅伝が雪ならどうなる?中止になった過去があるか調べてみた結果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP