スポーツ全般

堀口恭司と山本KIDの関係と出会い!後継者の評価は本当?那須川戦は負けられぬ試合に

9月30日、「日本最強の総合格闘家」の呼び声高い堀口恭司選手と、同じく「キックボクシング最強の神童」那須川天心選手の頂上対決が行われます。
堀口恭司選手は、18日に早逝したカリスマ格闘家・山本KID徳郁さんの内弟子でもあります。
堀口選手にとって今回の闘いは、あこがれ続けた師・山本さんへ、その遺志を継いで集大成を見せる「負けられない」試合となりそうです。
堀口選手と山本KIDさんの出会いはどんなきっかけ?二人の関係やKID師匠の評価はどうだったのでしょうか。

KIDさん、きっと天国から試合見ているだろうな!
Sponsored Links




堀口恭司と山本KIDの関係と出会い

堀口恭司選手は群馬県生まれの27歳。
父親の影響で5歳から伝統派空手を始め、プロの総合格闘家になった現在でも続けているそうです。

総合格闘技団体「修斗」の世界フェザー級王座を獲得後、世界最大の総合格闘技UFCに参戦するため渡米して活躍。
帰国後はRIZINに参戦し、バンタム級トーナメントで優勝するなど負けなしの強さを誇っています。
そして「格闘技を盛り上げ、自分の強さを示す」として、今回キックボクシングルールの下、現在最強の那須川天心選手に「挑戦状」をたたきつけたわけです。

そんな天性の格闘家ともいえる堀口恭司選手は、高校の時にPRIDE、K-1などをテレビで見て、山本KID徳郁さんに憧れを抱きます。これがその後の二人の関係と出会いのきっかけになりました。

当時の堀口少年は、親の反対を振り切り、断られるのを覚悟で山本KIDさんのもとへ弟子入り志願に行ったそうです。
結果は……意外にもあっさり「OK」
山本KIDさんも生前のインタビューで、当時を振り返り「恭司が来たときは、ゆるかったよね。『やりたいです』、『うん、いいよ』みたいな」と笑っていました。

こうして堀口恭司選手は、高校卒業と同時に山本KIDさんが主宰するジム「KRAZY BEE」に入門し、内弟子になりました。
山本KIDさんは入門当時の堀口選手を振り返り「体がまだピチピチでめちゃめちゃデカかったね。だけど何人かいた入門者の中でも一番まじめだった。(その後強くなったのは)びっくりしてない」と、既に秘めた才能を感じていたことを語っていました。

一方の堀口選手は、山本KIDさんとの出会いを「本物の格闘家の体を見た。俺もこうなりたいと思った」と回顧。「空手のスタイルにすごく似ている。自分ならできるんじゃないか」とも感じたそうです。

自分の試合ぶりについては「空手のスタイルは他の格闘技にない距離感やスピード感があり、他の競技では経験したことのない距離から攻撃できる。そういう所を突いているので勝てているのではないか」と分析しています。

山本KIDの堀口恭司への評価

ジムの門をたたいた堀口恭司選手と運命的に出会い、師弟関係が始まった故・山本KIDさん。

山本KIDさんは、レスリングのミュンヘン五輪代表だった郁榮氏を父に持ち、姉は美人格闘家として有名な美憂選手、妹はレスリング選手で、ダルビッシュ有投手の妻・聖子さんというスポーツエリート一家に育ちました。

23歳のときプロ格闘家デビューし、HERO’S初代ミドル級世界チャンピオンに輝くなど活躍。「神の子」と呼ばれカリスマ的な人気を誇りました。晩年は若手の育成にも大変力を注ぎました。

そんな山本KIDさんは生前、弟子である堀口恭司選手をどう評価していたのでしょうか。

あるインタビューで山本KIDさんはこう語っています。
まず練習について「普段はすごい真面目で、練習やり過ぎだろっていうぐらいやっている」のが堀口選手だそうです。

さらにその強さは「テクニック以前の問題で、軸が絶対ブレない。だから自分にも結構勉強になってます」と一目置くほど。

「モノが違いますね。恭司は瞬発力やパンチの当てる速さとかが他の王者などより全然上。ズバ抜けてます」と実力を絶賛。
「構えててもすっとスピードで相手の懐に入ってくる。早すぎて皆追いつかない。他の人は(パンチを)もらうのを覚悟で試合していると思う」といいます。

「恭司は漫画みたいな戦い方をする。俺が全盛期バリバリのときに一回やりたかった、というのはありますね」と、才能に惚れ込んでいる様子でした。

Sponsored Links




ネットの反応

先駆者たちのバトンを見事に受け継ぎ、自らも格闘技界の礎となったKIDさんに憧れて格闘技を始めた格闘家は数知れません
堀口選手、KIDさんの容態知ってたから9月に天心戦受けたんじゃないか。KID魔裟斗の再現見せたかったのかもしれないって考えると、タイミングとか全部繋がったような気がして涙が出る
KIDが堀口の背中を押してきそうだよ! 熱い!かなり熱い!
KIDさんは、あの若さでちゃんと次世代のファイターである堀口や矢地を育てていた事が凄いよな
30日はきっとKIDさんも一緒にリング立ってそう。 堀口、美憂二人が勝てばいいなぁー
堀口vs天心に今回の訃報を重ねるのは賛否両論あるかもしれないけど、間違いなくKIDが繋げてくれた試合
堀口さん、今年に入ってから空手の師匠も亡くしててKIDのこともあるから背負うものが多すぎて心配
格闘技界をファイトで盛り上げるよりも、次世代に繋げる事は難しいし凄いよな
那須川vs堀口 KID観たかったろうな…
KIDのいなくなった年、平成最後の年 この大晦日は特別だから そんな大晦日で今一番最高の試合を見たい

出典:twitter

まとめ

30日の堀口vs那須川戦は、現在No1の総合格闘家が、相手の土俵でNo1キックボクサーに挑戦する「異種対決」。
これはまるで、今から14年前の大晦日、カリスマ総合格闘家・山本KIDさんがK-1スターの魔裟斗さんに、K-1ルールで挑んだ試合の再現のようです。

ライバル同士として互いに切磋琢磨し、格闘界の一時代を築いた山本KIDさんと魔裟斗さん。
若い堀口、那須川両選手こそ二人の志の伝承者であり、次の一戦がそれを象徴しているといえるのではないでしょうか。

あまりのショックの大きさからか、KIDさんの訃報にいまだ無言を貫く愛弟子・堀口選手。
亡き師匠の思いを胸に、30日、決戦のリングに向かいます。

魔裟斗さんも「大事な仲間が逝ってしまった」と哀悼…

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. キプチョゲの練習メニューが公開されている!ファートレック走とは?

  2. RISE129のテレビ放送は?那須川天心戦やロッタン戦は何時何分に見れ…

  3. 宮川紗江からパワハラ告発された体操協会とは?「膿がたくさん出てくる」「…

  4. サマータイムのメリットとデメリットは?オリンピックに必要か議論が白熱!…

  5. 猛暑の東京オリンピック開催への反応まとめ?「なぜ8月に?」「打ち水濡れ…

  6. 紀平梨花のスポンサーはどこ?株価が上昇する?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP