お役立ち情報

忘年会は勤務時間?残業になる?実際法律的にどうなの?

忘年会は「勤務時間内に」と社会人の半数以上が考えており、「仕事の一貫」だから、当然残業にすべきだとする調査結果が出ました。
では、これを会社に要求できるのでしょうか法律的にも考えてみました。

Sponsored Links




忘年会は勤務時間内!残業!との声が高まる昨今

忘年会は勤務時間内にして、残業にと考えるのは、「職場の忘年会に参加したくない」
または喜んでは参加したくないと考えるひとが多くなってきたのが背景にあると言えます。

その理由は、
・プライベートを優先したい
・飲み会での上司の対応は面倒くさい
・忘年会がストレスで耐えられない
・そもそも一番忘れたいのは仕事のことなのに忘年会でどうして仕事関係の人と勤務時間以外で会わないといけないのか
・居酒屋での忘年会に飽きている
のようです。

忘年会の位置づけは法律的に実際どうなの?

労働時間(勤務時間)というのは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれていると、客観的に判断される時間を言います。
これはたとえ労働者が実際に作業を行っていない時間であっても、労働から解放されていることが保障されていないと、使用者の指揮命令下に置かれていると考えられているためです。

これを忘年会に当てはめるとすると、忘年会が「強制」か、「任意」かで決まります。
強制の場合は、会社指示が文書でなされ、かつ命令を拒否すれば、不利な考課をされたり、
懲戒の処分をされたりなど、強制的な参加だとの実態である必要があります。

労働時間に該当すれば、当然残業代(勤務時間外手当)、遅くなれば、深夜勤務手当の支給を請求できます。

勤務時間に、会社がレストランを借り切って、全員参加で行うならもちろん労働時間に該当するでしょうが、
おそらく、多くの会社では、参加の有無は、少なくとも任意を装っているでしょうから、強制参加とは証明できないと思われます。
即ち法律的には、勤務時間・労働時間には該当せず、残業にならないと考えられます。

結局、どうしても参加したくないなら、参加不能と思われるなんらかの理由をつけて
不参加とすることで穏便にことを済ませているのが実態のようです。

本当は嘘はつきたくないけどね
Sponsored Links




忘年会と勤務時間に関するネットの反応


*規約に準じて掲載しております。もし掲載不可でしたらすみやかに削除しますのでお問い合わせください。

多くは参加したくない、参加するなら勤務時間として残業代をという声のようでした。
非正規の問題も絡んできています。

参加は任意だと言っても、そう簡単に断れないのが、日本の会社社会ですね。
ほんのひと昔前は、工場のほとんどの職場が、近隣の温泉地で、
泊りの忘年会をやり、チームを作って、芸を披露するのが当たり前の世界でしたから。

ボーナスが出ない者の身にもなって!

まとめ

忘年会は勤務時間となるのかの声について、法律面を含め、コメントをまとめてみました。

アンケートで意外だったのが、中高年世代の47%が「嫌い」「どちらかというと嫌い」と、
否定的な態度を見せているという点でした。

若者だけでなく、中高年世代も嫌がっているなら、あえてやらなくてもと思ってしまいます。

それでも、職場の管理者がコミュニケーションの場として必要と考えるなら、
勤務時間内に、会社の負担で、いつもの居酒屋とは違う企画でやるということにならざるをえなくなるのではと思います。

年末を控え職場の幹事はますます頭が痛ところです。

Sponsored Links




関連記事

  1. 若おかみは小学生!の感想まとめ!なぜこんなに人気になったの?

  2. 年越し蕎麦でアレルギーの人でも食べれるものを調べてみた!

  3. 子供が餅詰まらせたら?対処法を分かりやすく!掃除機はNGかOKか?

  4. 学童保育とは?料金相場や条件・問題を調べてみた

  5. 豊洲市場はいつから何時にオープン?行く前にマップや飲食店情報を調べてみ…

  6. フェルビナクとジクロフェナクとインドメタシンの違いは?一番効くのはこれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP