甲子園

横浜対花咲徳栄の予想をまとめてみた!「投手次第か」「関東潰し合い悲しすぎ」

熱戦続く夏の高校野球甲子園大会。1回戦を勝ち上がった注目校が2回戦で続々登場します。
中でも2回戦ではもったいないほどの屈指の好カードが、14日の横浜(南神奈川)ー花咲徳栄(北埼玉)戦です。
いずれも優勝候補に挙がる実力校。勝敗予想はどうなのでしょうか。

ストップ・ザ・大阪桐蔭はどこに?
Sponsored Links




横浜対花咲徳栄の予想は?

横浜対花咲徳栄戦は14日の第三試合、午後2時半開始予定です。

4年連続6回目出場の花咲徳栄は昨年の全国覇者でもあり、優勝候補大本命の大阪桐蔭打倒を掲げ、連覇へ燃えています。
過去18回出場の名門・横浜も夏は3回連続の代表。春の県大会では7試合で68得点、2失点という完璧な強さ。今大会も予選からずっと投打がかみ合い波に乗っています。

この2校、最近の関東の大会では顔合わせがありませんが、実はつい先日の7月1日に練習試合を行っています。
この試合で、花咲徳栄はドラフト候補で侍ジャパンU-18候補のエース・野村投手、横浜もやはりU-18候補で最速152㌔の本格派及川投手が先発。
野村投手は初回に2失点しただけで、4安打13奪三振の快投。及川投手も好投し投手戦となりましたが、花咲徳栄の期待の1年生、井上選手が左越え2ランを放ち同点に追いつきます。

横浜は、8回にピンチを迎えると、及川投手から変則右腕の黒須投手へ継投して後続を断ち切り、試合は2-2で引き分けました。
練習とはいえ、両校とも甲子園をにらんで本気の駆け引きだったようです。

14日の本番対決でも、同じ両エースが先発する見込みですが、勝敗予想はどうでしょうか。
1回戦では、横浜はタイプの違う投手の継投がはまり、固い守備もあって見事完封。攻撃でも3本塁打を放つなど盤石でした。
一方花咲徳栄は野村投手がいきなり4失点。甲子園初戦の重圧もあって苦戦しましたが、最後はさすがの底力で粘って逆転勝ちしました。

勢いでは投打がまとまっている横浜に分がありそうにもみえますが、花咲徳栄は全国有数の攻撃力を誇り、ここ数年安定したチーム力で春季、秋季大会も善戦しています。
1戦勝ったことで岩井監督も「次は落ち着いて戦えるだろう」と話しており、実力伯仲の接戦も予想されます。

横浜対花咲徳栄の勝負の3つのポイント!

激戦の好試合が期待される横浜対花咲徳栄戦ですが、勝敗を予想する上でのポイントを挙げるとすれば、次の3つといえるでしょう。

横浜の好投手陣をどう攻略?

横浜の強みは好投の投手陣にあります。制球力が持ち味の板川、本格派の及川両左腕投手に加え黒須、万波投手とタイプが違うピッチャーを織り交ぜ、継投で相手攻撃陣の狙いをかわします。
14日は及川投手が先発とみられますが、花咲徳栄が早い回に攻略し横浜の継投プランを崩せるかが、勝負の一つの鍵となりそうです。

花咲徳栄の「大黒柱」野村投手の活躍は?

今大会の花咲徳栄は1、2年生が多い若いチームで、優勝した昨夏のレギュラー経験者は4番でエースの野村選手のみ。
1回戦では5失点したものの、149球の粘りの完投。バットでもソロ本塁打を含む3打点で投打に奮闘しました。
「昨年とは違う緊張感や責任感」を感じ、北埼玉大会でも本塁打0でしたが、ようやく本来の打棒が戻ってきたようです。
大黒柱である野村選手の投打の活躍が、花咲徳栄の勝利には欠かせないといえます。

全国屈指の強力打線対決の行方は?

両校とも地方予選で50得点以上。上位から下位まで切れ目がなく、長打力もありどこからでも得点できる全国有数の強力打線は共通です。
横浜は万波、長南、花咲徳栄は野村、羽佐田各選手らが軸ですが、注目されるのが花咲徳栄の1年生・井上選手。
7月の練習試合では横浜の及川投手から同点本塁打を放ったほか、1回戦でも活躍し集中力の高さは監督も舌を巻くほど。
打ち合いとなれば、井上選手のような「ラッキーボーイ」が生まれるかどうかが勝敗を分けそうです。

Sponsored Links




横浜対花咲徳栄のネットの予想まとめ

花咲徳栄-横浜 報徳学園ー愛工大名電 二松学舎大付ー浦和学院 なんやこの2回戦のカード
この中から打倒大阪桐蔭が出てくる可能性は高い
関東の潰し合い?抽選で分かってはいたが…別に地元でも出来る試合だよね…
横浜、本塁打3本打ったけどフライ多く粗いね 個人的予想では次戦は花咲徳栄のほうが有利かな
スポーツ5紙による甲子園戦力評価を見ると S:大阪桐蔭 A+:横浜、木更津総合 A:智弁和歌山 A-:花咲徳栄
花咲徳栄の次は、初戦ほぼ完璧だった横浜なんですよね
関東勢同士もったいなさすぎるし二回戦で関東2チーム消えるのが確定してると思うと悲しい
投手次第だが…徳栄は厳しいかも 9-7で横浜辛勝と期待を込めて予想
花咲徳栄の井上くん 横浜の度会くん 両一年野手にロマンあるな
横浜高校盤石の強さだったわね、おそらく花咲徳栄相手には及川先発やし次も楽しみ

出典:twitter

まとめ

甲子園は組み合わせがくじ引きですので、どうしても運不運、偏りはつきもの。
花咲徳栄対横浜のように、早くも近県対決がいくつも生まれており、地域のファンはやや残念そうです。
しかも花咲徳栄対横浜の勝者は、大会No1投手といわれる金足農・吉田投手と対戦する可能性も。
サッカーW杯では「死の組」とも呼ばれますが、対戦の妙も優勝の行方には重要な要素のようです。

劇的勝利の済美も次はお隣の高知商なんだよね…

■関連記事

Sponsored Links




関連記事

  1. 近江野球部の応援歌がかっこいい!一味違うのは何の曲?

  2. 甲子園の抽選結果の偏りのブロックは!見どころの試合はこれ!

  3. 侍ジャパン壮行試合メンバー決定!高校代表のスタメン予想をしてみた

  4. 花咲徳栄の読み方が昔風なのはなぜ?有名人は誰がいる?

  5. 西川僚祐の出身中学はどこ?バッティングフォームからして違う!

  6. 甲子園でコールドの条件はないの?ワンサイドゲームは見てつらいの声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP