お役立ち情報

ゼブラゾーンは通行可能か?違反罰則と事故事例を調べた結果

▼ ▼  地球の裏側もリアタイでスポーツライブ観れる時代だぞーン! ▼ ▼ 

個人的に見逃せないのが...

6/12 18:00 吉田輝星がカープ戦で1軍初先発!
6/12 大谷翔平vs前田健太!
6/14~ コパ・アメリカ独占放送!
8月 バスケワールドカップ


▲ ▲ 6/25まで2か月無料キャンペーン!! ▲ ▲ 

ゼブラゾーンって走りますか?ゼブラゾーンの意味ご存知でしょうか?
ゼブラゾーンは通行可能か?知っておいたほうがいいですよね。
ゼブラゾーンを走行すると違反罰則はあるのでしょうか?あわせて事故事例も確認しました。

なんとなくゼブラゾーン分かるけど・・・よくは知らないね

ゼブラゾーンは通行可能か?違反罰則はある?

ゼブラゾーンは通行可能かどうか、しっかり知って対策していきましょう。
右折レーンの手前でよく見かけるのがゼブラゾーンです。
ゼブラゾーンは、車両の走行を誘導するためにある「表示」で「導流帯」とも呼ばれています。
車両の安全かつ円滑な走行を誘導するために設けられた場所にあるのです。

法令上、車両が通行する事は想定していなく、通行方法は定められていないのです。
進入禁止という規則はないので、ゼブラゾーン走行は違反・違法でなく走っても罰則はありません。
罰則はありませんが、過失割合増加されることはあります。
ですので、みだりにゼブラゾーンに侵入すべきでないということになります。

ゼブラゾーンでの事故事例

ゼブラゾーンで一番よく起こる事故事例ご紹介しますね。
この場合、A車のドライバーはB車が悪いと思う人がいるようですが、B車に止まる義務はないのです。

違反罰則はないので、事故の時の保険の過失割合をみてみましょう。
このケースでは車線変更時の判例を基準にすると、基本はA車70:B車30です。
これにゼブラゾーン走行による修正が10%加わりA車60:B車40になる訳です。

過失割合からみるとA車が悪いってことになるね
B車の前方注意義務も通常よりは高いということだね

ゼブラゾーンに関するネットの反応

たまに対向車線のゼブラゾーンを走ってしまう時があるけど対向車線のゼブラゾーンなのか分かりづらい・・
ゼブラゾーンは通ってはいけないものだと思いこんで、ゼブラゾーンを走ってきた車にマナーを守れない自分勝手な奴だとひとりで勝手に怒っていたわ。
ゼブラゾーンについては、広く認知されて欲しいです。交通も円滑になりそうだね。
交差点の右折などにあるゼブラゾーンの導流体、踏んで通行しましょう!
ゼブラゾーンを通行不可と御認識している危険性・・・勘違いしている人が続出だね。
ゼブラゾーンの意味これは知らなかった。教習所でこそ教えるべきでしょう。
卒検で「右折でゼブラゾーン踏まなかったのが唯一の減点」と言われたからいつも踏みまくっているわ。
ゼブラゾーンは、誘導する場所、事故発生の場合、導流帯側の車両に大きな過失が認められる可能性があるということから、積極的に通行すべきではないという結論なのです。
ゼブラゾーンの上を走行したり、ゼブラゾーン内に駐車してもいいのでしょうか?似ている道路標識にも注意だね。
ゼブラゾーン走っていて接触した時の過失割合は、7:3とか6:4になるそうなので、充分気をつけた方がいいですね。

出典:twitter

まとめ

ゼブラゾーンは通行可能かどうか調べました。違反罰則はないですが、走行には注意が必要ですね。
事故事例でも見ましたが、ゼブラゾーンではより注意義務が増加します。
安全に走行するための表示みたいですが、ちょっとややこしいですね。事故しないように気をつけましょう!

走ってはいけなくないけど、走らないほうがいいというのは危ないね
■関連記事

関連記事

  1. 愛媛マラソン2019のネット中継を無料でスマホで観る方法!

  2. ふるさと納税の金券の還元率一覧表と使えるお店!2019年6月までの可能…

  3. 決済エラー詐欺とは?その手口と見抜く方法はあるのか?

  4. チョコレートの違いまとめ!生・準・ミルク・ビターって?

  5. スーパームーンで出産早まる理由は?ただの迷信だという数字を発見!

  6. フランス落としとは?なぜこんな名前でどんな仕組みか調べてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


人気記事

注意書き

・記事内キャラクター・アイキャッチ画像・および画像は以下商用フリー画像サイトのものを規約に基づき使用させていただいております。キャラクターにおいては加工しております。
■王国興亡記 管理人:そーいち様
https://ameblo.jp/makapri
■pixabay
https://pixabay.com/

PAGE TOP